ひたすら営業電話が可能な代行サービス

普段営業活動をしている企業にとっては、電話営業が重要な営業手法である事もあり、自社のスタッフがひたすら潜在顧客への電話を通して新規契約を獲得する事は珍しい事ではありません。しかし電話営業を行う時間や人材不足でなかなか新規営業活動が出来ていない場合、電話代行サービスがお勧めです。このサービスを活用する事で、電話による営業活動を一括で外部へ委託する事が出来ますので、自社の社員は既存顧客のサポートへより注力する事が出来るなどのメリットが得られるでしょう。

プロによる電話代行営業

電話代行サービスは日本各地で展開されており、場所を選ばないのも特徴です。そして電話代行業者にて電話をしてくれるアポインターや担当者は日々、企業や一般消費者への電話を行っているため、プロフェッショナルとしての電話営業が可能となっています。自社の製品やサービスの簡単な説明を行ってくれ、実際に興味を持った人がいれば、その後は自社スタッフが対応する等の方法をとる事が可能です。電話代行と役割を明確に分ける事で、それぞれがより専門性を持った業務に専念が出来るでしょう。

コール数や毎月定額制の料金設定

電話代行を始める際には、その料金設定を事前に確認をしておく事が重要です。主な料金設定としては、電話をかける数に応じた料金の請求です。一月に数百件から数千件の入電数となり、各企業によってその数は大きく異なりますが、かけた数に応じた支払いであれば、必要に応じた依頼が可能となるでしょう。最初は数十件や百件程度から始めてみて、結果を徐々に見つつ進めてみるのも良いでしょう。電話代行はどの程度新規受注に繋がるのかが非常に重要な指標となりますので、目標を持って依頼する事をお勧めします。

成果が出たときだけ報酬を支払うタイプのテレアポ代行は、依頼主にとって無駄がないことが特徴です。ただしアポイントが取りづらい商品の場合、代行契約が難しいのが実状です。