電気製品って面白い!

電気製品に興味があるという人も結構いるのではないでしょうか。電気製品の場合、かなり詳しい人と全く電気に関しては苦手という人の両極端に分かれがちです。苦手という人ができるほど電気製品は簡単ではないにしろ、電気製品って面白いと思うくらいの人ならその仕組みも簡単に理解することができるはずですよ。量販店の各電気製品のコーナーに行って気分が高まる…なんいう人ならきっとオリジナルの電気製品を自作できると思いますよ。

作るためには部品が要る!

電気製品を作るためには、作ろうとしている電気製品に必要な部品が要るはずです。そうした部品は専門店でなくてもホームセンターで手に入る場合も結構あります。買わずに済んだら誰だって買わないですよね。例えば、要らなくなった電気製品の部品を使うという方法もおすすめですよ。ただし、これは必要としている部品が、要らなくなった電気製品に使われている場合の話です。部品にもいろいろありますから、回転させるのか…滑らせるのか…はたまた反復させるのか…作りたい電気製品が必要としている動きをよく考えて使わなければいけませんね。

失敗しないためには…

設計図なんかもしっかり描くと失敗を減らせることができますよ。失敗は成功の基なんて言いますが、できることなら無理に失敗することはありません。失敗しないためのもう一つのコツとしては、作るための道具をしっかり用意しておくことでしょうね。ドライバー、ニッパー、ペンチ、半田ごてなんかも必要ですし、リード線やグリス、ネジやナットなどもあるに越したことはありません。作業に必要なツールセットを用意するだけでも、全然違います。電気製品を自作している上級者になると、工具を一式揃えてたりするんですよ。

プリント基板設計において信号ラインは決して平行に設置してはいけません。何故なら平行する配線が長くなるとノイズによる誤動作確率が高まってしまう為です。