タクシー運転手の平均年収はどれくらい?

タクシー運転手は安月給だと皆おもっていますよね?でもそれは大きな誤解なんです。タクシー運転手の収入は通常のサラリーマンよりも歩合の割合が多くなっていることが特徴ですから、人によっては低収入になってしまいますが、平均年収は約400万円。20年前の日本人の年収中央値に比べると低いですが、現在のそれに比べるとむしろ多い部類なんです。決して安月給ではないですし、頑張れば頑張るほど年収はあがるのでやりがいもあります。実際、年収800万円以上という人もザラにいるんですよ。

女性や高齢者でも稼ぐことができます!

タクシー運転手は高齢になっても大きく稼ぐことができます。サラリーマンの定年は65歳。それ以降は大きく収入が下がるかゼロになってしまうものですが、タクシー運転手であれば65歳以降でも月収30万以上は簡単に稼げてしまいます。男女差別がないこともタクシー運転手の良いところ。女性の多くは年収200万円台ですが、タクシー運転手であれば女性でも男性と同じ条件で稼げてしまうんですよ。現在のタクシー運転手に占める女性の割合はまだ数%に過ぎませんが、これは非常に勿体ない話です。

タクシー業界はとても安定しています

2002年の規制緩和によって、タクシー運転手の過酷な状況がクローズアップされてしまい、業界のイメージは大きく悪化してしまいました。ですが現在は規制が強化されて新規参入ハードルが非常に高い業界となっているんですよ。つまり現在のタクシー業界は非常に恵まれた環境にあるんです。タクシーの大数は現在以上に増えることはありませんから、今後競争が激しくなって収入が落ち込むリスクもありません。このまま超高齢化社会が到来すれば地方においてもタクシー需要は高まりますし、業界の未来はとても明るいと言えるでしょう。

役員運転手は重役の方の専属運転手となりますので、様々な話をする事が出来ます。そのため、多くの知識を身に付けられます。

役員運転手派遣で見つける