自分の経験だけに頼るとすぐ追い抜かれる

仕事を向上させたいなら、相手がどんな人間でも学ぶ姿勢が大切です。仕事の方法は様々な物があり、勉強した人はそれだけ選択肢が増える事になります。昔は情報収集の方法が、先輩や上司、あるいは本ぐらいしか無かったかもしれません。しかし現在ではインターネット等も発展しており、様々な情報を得られる時代になりました。その仕事を何年も経験した人にはそれだけ知識の蓄積もあります。だからと言ってそこにあぐらをかいていると、より勉強と努力をして来た後輩や部下に追い抜かれる事になります。

向上出来ない理由は素直な気持ちが無いから

向上出来ない理由は、素直な気持ちです。新しい技術や知識を取り入れる積極性を持つ必要があるでしょう。人間はより仕事を効率化しようとします。その為に、努力や工夫を行っているのです。それを無視して、自分のやり方だけに固執をしていたら、仕事のやり方が向上する可能性は低くなります。特に後輩や部下に何かを教えて貰うのは恥ずかしい事だと言う価値観を持っている場合、それは、向上心を消す事になるのです。結果として時代に取り残される事になります。

自分のやり方に固執し過ぎるのが向上心を無くす

勿論、経験が全てダメという訳ではありません。仕事上での経験は、本やインターネットを調べたぐらいでは手に入れられない物も多いのです。問題は、自分は経験があるから新しい知識や、部下や後輩の言う事なんてダメに決まっているという決めつけなのです。その決めつけが、自分の向上心を減らし、努力しない態度にさせてしまいます。仕事で向上をしたいのならば、柔軟な気持ちを持つ必要があるでしょう。絶対にそのやり方はダメだという自信があるならまだしも、自分のプライドを守る為に頑固な態度をしていたら、仕事の向上は難しいでしょう。

ワークフローを導入する際は、自社のビジネスに適した内容なのかどうか見極める必要があります。たとえどんなに評判が良いシステムでも、相性が悪ければ無駄な投資に終わってしまいます。