新入社員を対象にした研修

社会人として仕事を始める前には、まず、新入社員研修を受けることになります。どのような内容なのか、期間はどれくらいか、どこで研修が行われるのかは勤務先によっても異なってきます。その年によっても変わるかもしれません。しかし、基礎的な講義を受けてから、現場に出向いて実習するパターンが多いのではないでしょうか。新社会人にとって研修期間中は緊張の連続ですが、同期の仲間と親しくなれる大きなチャンスにもなります。わからないことは納得できるまで質問するなど、積極的に学ぶことをおすすめします。

定期的に行う社員研修

職場で行う研修として、定期的な社員研修が知られています。アフターファイブを利用して行う短い研修や、泊まり掛けの研修などもあります。研修の規模や内容もいろいろですが、社員のモチベーションアップを目的に行うことが多いようです。また、社員が一斉に集まって行う方法があるほか、部署ごとに行うことも少なくありません。研修を通じてほかの部署の人と交流できるほか、部署内での結束を高めるなど、いろいろなメリットが期待されます。外部から講師を招く場合もあるため、興味深い話を聞けるよいチャンスになるのではないでしょうか。

資格試験取得のための研修

職場によっては、仕事に関する資格試験の取得が必要になる場合もあります。そのため、受験者を対象にして研修を実施するところも少なくないですよね。資格を取得することで「資格手当」に反映される場合もあるようです。現在の部署とは直接関係のない資格もあるかもしれませんが、チャンスを見つけて積極的に受験していきましょう。また、合否はともかく、目標に向けて努力することが大切なのです。いくつになっても、チャレンジ精神旺盛な人は輝いていますよ。

管理職研修は管理職として必要な知識やスキルを身につけるための研修です。主な内容はリーダーシップや経営論といったものが多いですが、最近はパワハラやセクハラ対策に関する研修も増えています。